田舎の保育所

田舎の保育所のメリットは、自然が豊富でゆったりと利用することができるという点にあります。田舎とは言っても、色々な保育所があるため、そこに預けて働くという方も多いです。もともと田舎は家族や親戚の繋がりも強いことから、そういう方に預けるということが普通でした。そのため、保育所の数もそこまで多くなくて済んだのです。近年もそれらの背景は残っていて、保育所の数自体は都会に比べてもやはり少ないです。ただ、子供たちをしっかり見守りながら成長させていけるので、成長促進にとって効果は大きいです。また、働く保育士にとっても、ある程度負担が少なく安定して働けるということで、魅力も大きいと言えます。

田舎の保育所のデメリットとしては、利用者数自体が偏っているということもあって、なかなか社会性や主体性が身に付かないという可能性があるという点にあります。都会は多種多様な子供たちが預けられるので、その中で交流すると成長促進に繋がることもあります。しかし、田舎の場合は、そもそも人数自体が少ないところもあり、ただ単に子供たちを預ける場としてしか機能していないところもあるのです。捉え方によってはのんびりとした空間で、子供たちを伸び伸びと成長させていけるという点は良いですが、そこはしっかり考えておくべき点も多いと言えます。
Copyright © 地域調密着型保育所, All rights reserved.